大門酒造でしぼりたての新酒と酒粕鍋を
【Updated】2017年2月13日

Daimon_Main

 

大阪・交野市にある大門酒造を訪れました。1829年から続く伝統と日本の文化を共存させながら、世界の方々にも親しみやすい日本酒や、現在のライフスタイルに合わせた日本酒を生み出しています。同酒造では、銘酒「DAIMON35」と搾りたての純米大吟醸、そして人気の酒粕鍋がふるまわれる「搾りたてフレッシュなお酒と酒粕鍋を楽しむ会」が2月末まで催されています。美味しいお酒と寒い冬にぴったりの温かい酒粕汁が楽しめる、いつもとは違う大阪観光はいかがですか。

 

開催日: 2017年2月18日(土)、19日(日)

時間: 11時 蔵オープン

※酒粕鍋がなくなり次第、楽しむ会は終了となります。

 

また、インターコンチネンタルホテル大阪では大門酒造の酒蔵見学と、目の前で調理される料理と日本酒のマリアージュが楽しめるOSAKA コンシェルジュ「大門酒造 酒蔵見学プラン」を、宿泊のお客様限定でご予約を承っています。

詳細はコンシェルジュ、もしくは、こちらから