Pierre
「ミシュランガイド京都・大阪+鳥取2019」
3年連続で1つ星を獲得

この度、インターコンチネンタルホテル大阪のフレンチレストランPierre(ピエール)が、2018年10月12日(金)発売の「ミシュランガイド京都・大阪+鳥取2019」において料理の格付けで1つ星を獲得しました。

 

2013年6月の開業以来、インターコンチネンタルホテル大阪を代表するレストランとして、季節の移り変わりを感じるコンテンポラリーフレンチを提供し続けてきたPierreが、「ミシュランガイド京都・大阪+鳥取2019」において、“そのカテゴリーで特に美味しい料理”を提供するレストランに与えられる1つ星を一昨年、昨年に続き、3年連続で獲得しました。

 

 

料理長の大久保 晋は、国内外の様々な三つ星レストランで得た自らの経験を生かし、日本の食材とフランス料理の技法を独自の感性でマリアージュ。総料理長 兼 料飲統括部長のトビアス ゲンスハイマーの指揮のもと、季節に応じて自在に変化するメニューを創り上げ、新しくモダンなスタイルのフランス料理を提供しています。

 

 

Pierre」料理長 大久保 晋コメント:

世界的にも権威のある「ミシュランガイド」より、3年連続で高い評価をいただき、誠に光栄に存じます。日頃よりご愛顧いただいているお客様、そしてレストランを共に創り上げているキッチン及びサービスチームに、心より感謝いたします。インターコンチネンタルホテルズ&リゾーツが掲げる、“感動と刺激に満ちた空間で、国際的な教養と現地の文化に精通する知識を生かした、インターコンチネンタルスタイルの優雅な旅を届ける”という理念に基づき、スタッフ一同、さらなる高みを目指してまいります。そして、日本のみならず世界各地から厳選した季節の食材を使用した、フレンチキュイジーヌを創造して行く所存です。引き続きPierreをよろしくお願い申し上げます。

 

 

日頃よりインターコンチネンタルホテル大阪並びにPierreをご愛顧いただいている皆様に、心より御礼申し上げます。

 

Pierreの詳細・ご予約はこちら>>

  • Google+
  • 0
    Hatena Bookmark
  • LINE